クリック詐欺



女性の出会いを応援します!女性のための出会えるランキングサイト

麻Nリック詐欺

 以前からアダルト系のサイトで頻繁に使われていた詐欺の手口ですが、最近では出会い系サイトや情報サイトにまで使われるようになってきました。

●クリック詐欺とは
 クリック詐欺とは、サイト内の特定のボタンをクリックしただけで強制的に入会させられ、その後、入会金や使用料などを恐喝などによって支払わせるという詐欺行為です。
「ワンクリック詐欺」という言葉は、今日では広く知られるようになってきたと思われますが、そのワンクリック詐欺が広く知られた結果、ワンクリック詐欺を発展させた「ツークリック詐欺」が出てきました。

●ワンクリック詐欺の手口
 ワンクリック詐欺では、1回のクリックで強制入会されてしまいますが、この時にクリックする本人は入会の意図が全くない状態でクリックさせるように仕組まれています。
出会い系サイトを利用する際には、年齢認証がありますが、利用規約などが一切示されていない時点に、この年齢認証のボタンをクリックすることで入会させる手口があります。
同様の手口ではありますが、より分かりにくいパターンとしては、明らかにバナー広告などのように見えるボタンや画像、単なるイメージ画像をクリックさせることで強制入会させるようなサイトもあります。
ツークリック詐欺の場合には、ポップアップを使って2回クリックさせるという手口になりますが、クリックの回数が異なるだけで、同じ手口になります。
クリック詐欺で、強制的に入会させられることではなく、その後の行為が悪質であるのが特徴的だと言えます。

 まず、強制入会になった時点で、『ご入会ありがとうございます』などの入会報告の画面になります。
そこには、入会金の依頼の他に、“登録日時”“IPアドレス”“プロバイダー名”などの個人情報が記載され、状況により法外な延滞料金が請求されることが記載されています。
そして、IPアドレスなどの情報を元に、“自宅や職場へ債権回収に行く”という恐喝内容も記されています。

●この手口の矛盾点
 まず、1回や2回のクリックで強制的に入会されるのは“無効”だという点です。
「事業者は、消費者に対して申し込み内容を再度確認させるための画面を用意する必要がある」ことが前提になり、この“再度確認”させるようになっていない場合は無効になります。
つまり、確認もされずにクリックしただけで入会になるのは、論外だということです。
 次に、個人情報に関してですが、インターネットを繋げている以上、IPアドレスや、プロバイダーは相手に伝わってしまいますが、その情報を元にプロバイダーから個人情報が流れることはありません。
仮に流れたとすれば、それはプロバイダー側からの個人情報の漏洩になり、プロバイダー側が罰せられることになります。

 つまり、自宅や職場への債権回収というのは、“出来ない事を根拠にした脅し文句”だということが出来ます。



失敗しないサイト選び」はこちら

完全版出会いランキングTOP